東大模試の活用法 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2017年 8月 28日 東大模試の活用法

みなさんこんにちは、担任助手の高宮です!

昨日のセンター模試はどうでしたか??

うまくいった人いかなかった人様々だと思いますが、終わったことをいちいち考えても仕方ありません。結果を受け止めたうえで復習することがとても重要です。しっかりと次の勉強に活かせるように徹底的に復習・分析をしていきましょう!!

さて、今日はセンター模試とは違う別の模試の話をしようと思います。

みなさんは8月中に冠模試受けましたか??

冠模試とは、その志望校そっくりの形式・レベルの問題を扱った模試のことです!

今日はその冠模試、特に東大模試について話そうと思います。

8月中はいくつも東大模試があり、受けた人は土日を費やして長時間しかも難問を苦労しながら解いたのではないでしょうか?僕も受験生時代、大変だった記憶があります。

その時間と労力を無駄なものにしないためにも受けた後の復習を重視しましょう。

特に東大に関しては、得点開示があるため他の大学とは比べ物にならないくらい多くのリアルなデータが存在します。

それを活かさない手はないでしょう!

まずは結果が返ってきた際に自分の点数を、最終的に二次試験で取りたい点数・実際に受かった先輩の同時期の点数と比較してあと何点足りないのかをみます。

その後、その点差を埋めるために自分があとどの部分で点数を上げればよいのか、そのためには今後どのような勉強をしていけばいいのかを考えます。

基本的にはセンター模試の復習とやることは同じですね。

しかし、センター試験以上に自分の得手不得手を考慮して戦略立てて各科目の点数配分を考えることができるのが東大入試の特徴です!

世間にたくさんあふれている先輩のデータ・冠模試・対策などの情報をフル活用して自分なりの戦略を立てましょう!

また、今回の夏の模試は実際に今年東大を受験するほとんどの人が受けているため、ライバルたちの中での自分の現在のリアルな立ち位置を知ることが出来ます。

そのような視点で結果を見てみるのも面白いかもしれませんね。

秋にも再び東大模試が待ち構えています。今回の判定が悪かったとしても気にすることなく、今回全力で戦略を立てて、秋の模試、そして本番で挽回してやりましょう!