勉強したいのに体が動かない時は….?? | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2020年 9月 16日 勉強したいのに体が動かない時は….??

こんにちは!赤羽校の樋口です

 

最近ようやく涼しくなってきましたね。

……と言っているうちに、気付いたらになっていると思うと恐ろしいですね。

 

よく「夏と冬どっちが好き??」という質問がありますが自分は断然冬派です!!

年末年始のソワソワする感覚っていいですよね笑

皆さんはどっち派でしょうか??

 

ただ、今年の受験生にとっては今年の冬は例年の冬とは違い「勝負の冬」になるはずです。

(もちろんも頑張って下さいね)

 

この時期になってくると受かるための「戦略」も大事になってきます。

・科目ごとの重点の置き方(数学は平均点を目指して、英語で点を稼ぐ等)

・科目内での時間配分(英作文に時間をさいて、文法問題は最初に短時間で解く等)

・受験校(同じ日に〇〇大学の××学部の試験があるから、こっちの大学を受けよう等)  など。

 

このへんのことは自分で過去問を解いたりしながら考えたり、是非担当のスタッフとも相談してみてください!

 

ただ、何よりも大事なのは「勉強時間を落とさない」ことです

これは、受験生だけではなく当然低学年の皆さんもです

 

「勉強はしなくちゃ」と思っているのに体がなかなか動かないという人もいると思います

 

そんな皆さんに「5のルール」というのを今回お伝えしようと思います。

具体例で説明しますね。

 

・なかなか勉強がスタートできない時に「5秒」カウントをして0になったら何かしらをはじめる

・数学の問題集に疲れた時、あと「5問」だけ頑張ってみる

・朝起きてはいるけどなかなか立ち上がれない時に「5秒」カウントをして0になったら動き出す

・休憩しようと思った時にあと「5分」だけ続けてみる

 

 

なんとなく伝わりましたでしょうか??

脳科学でも証明されているという記事をどこかで見たので皆さんに共有してみました

 

こんなことしなくても勉強できるのが理想だとは思います

ただ、何もしないまま時間が過ぎるのはもったいなすぎますね

 

効果があるかないかは人それぞれだとは思いますが、是非試してみてください!!