久々にいいこと言います、聞いてってください | 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 9日 久々にいいこと言います、聞いてってください

ここ数日急に寒くなりましたね。冬の気温も冬服も、冬のすべてが大好きな私としては最高です。はやく本格的な冬になってほしい!!

そんなことはどうでもよくて、今日のブロガーは12月生まれなのに名前に「夏」が入っている、橋正帆乃夏です。

さて、今日のテーマは〈緊張〉なんですが、みなさんは緊張するほうでしょうか?

私はもとからあまり緊張しない性格(?)で、たとえば小中学生のときのピアノの発表会や、最近だとミュージカルや歌のオーディションでも全く緊張しませんでした。

ですが、受験となるとやっぱり話は別で。

ここで共通テスト前日のエピソードをお話ししたいと思います。前日の夕方まではなんら普段と変わらず、「明日本番か~」くらいに思っていました。夜ご飯を食べたり、お風呂にはいっているときも全く緊張していませんでした。でもいざ夜寝ようとしてベッドに入ったら、恐怖でも不安でも緊張でもないよくわからない感情が押し寄せてきて、毛布をかぶってなぜか大声で泣いていました。いや懐かしいですね笑。あのときが人生で一番号泣した日だと思います。自分でもなんで泣いているのか全く分からないまましばらく泣いて、泣きつかれてすぐ寝ました。(不安で寝れないより全然よかった。夜寝れなそうな人は大号泣するのをおすすめします笑)

前日の号泣のおかげか、当日の朝はすっきりした気持ちで浦和一女(試験会場)に向かいました。学校の先生が「当日は自分以外の試験会場にいる全員あほだと思え、自分が天才だと思え」と常日頃言っていたのでそれを実践しました。なんやそれと思うかもしれないけど、これ本当に効果てきめんなので、騙されたと思ってやってみてください笑。受験本番は、傲慢で自己中心的な人間になりましょう。

ここまで長々と自分の話をしてしまいましたが、この話を通して何がいいたいかというと、【いざ受験を前にすると普段の自分からは考えられないことが起きうる】ということです。だから私みたいに普段全然緊張しないよって人も、緊張してがちがちになる可能性だって大いにありえます。怖いですね。。

じゃあどうやったら当日緊張せずにすむ、もしくは緊張を少しでも和らげることができるのでしょうか?よく「自分の今までの努力を思い出せ!!しっかり勉強すれば当日緊張することなんてない!!努力は裏切らない!!」とか聞いたりもしますが、そんなんで緊張しないんだったらみんな緊張しないだろって思います。本番に向けて最大限の努力を積み重ねてきたのはみんな同じです。

ではどうするか?邪念を取り払うこと、だと私は思います。邪念?どういうこと??

たとえば、「落ちたら学校の先生・塾の先生になんて言われるかな」「うまくいかなかったら、こんなに応援してくれてる親に申し訳ないな」「僕は周りから期待されてるから、落ちたらなんて言われるだろうか」。こういうのが私の言いたい〈邪念〉です。私もこういう考えが何度も頭をよぎりそうになりました。でも必死に消し去って、努力して考えないようにしました。自分だけしかいない世界に入り込んで、自己中になろう(2回目)。Be selfish!

じゃあ、当日は頭の中で何を考えてるのがいいのでしょうか。「今日どんな問題でるんだろ、楽しみ!!」これにつきます。実際私は共通テストでも2次でもそう考えてました。共テはちょっと無理して考えてたけど(自分で自分を洗脳)、2次のときは本当に楽しみでした。英語の英作文は今年どういう話題かな、日本史は純粋に大好きだから解くの楽しみだなー日本史の試験の時間最高、みたいな感じでわくわくしてました笑。

試験当日に限っては、いい点数をとらなきゃなんてことは微塵も考えないでください。自分で自分をプレッシャーで押しつぶしてしまいます。【高い点数をとる】ことではなく、【目の前の問題を楽しむ】ことを第一目標においてください。作問者、かかってこいや!!

なんか長々と書いてしまいました。うわーこれ本番直前のブログで言えばよかった。心にとめておいてくれると嬉しいです。

メンタルケアについてはまだまだ言いたいことたくさんあるので、少しでも不安だなーとか思ったら聞きにきてください!

では、今日も頑張っていきましょう!!