入試本番で緊張しない方法 | 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2021年 12月 3日 入試本番で緊張しない方法

こんにちは。担任助手の宮本です。

長い長い受験勉強もあと数カ月で終わりを迎えてしまいます、

少し寂しいですね、、、。

大学入学共通テストが近づいているということで、

今回は『入試本番で緊張しない方法』についてお話ししたいと思います。

私が考える緊張しない方法とはズバリ、

本番を想定したシミュレーションを行うこと】です。

簡単に言うと、入試日程や時間割通りに過去問を解くということです。

例えば、

共通テストならば土日で全く同じ時間割で共通テストの過去問を解く。

私立入試ならば週単位で過去問を解く。

(月曜は早稲田、水曜は慶應、土曜は青学など)

しかし、ただ時間割通り解くだけでは意味がありません。

前日の過ごし方(食事睡眠、勉強内容)、当日の食事、入試当日後の過ごし方、科目間のすき間時間の利用法

これらに気を配るのです。

まさに本番と同様の状況化を想定した生活を送るということです。

ここまでシミュレーションを行うことができれば、入試本番も以前と同様の

環境下でパフォーマンスを発揮することになるので緊張しにくくなるというわけです。

それでももし緊張してしまったら…

私なりの緊張克服方法を参考までに紹介したいと思います。

①深呼吸 

これは鉄板ですね。

②笑う 

口角を上げ無理やりにでも笑顔作ると、ポジティブな

感情が芽生えるという実験データがあります。

③解ける問題から解く 

数秒見て分からないと思った問題は飛ばしまくりましょう。

問題が解けたという実感が焦りを抑えてくれます。

 

※そもそも緊張することは悪い事じゃない

適度な緊張はむしろパフォーマンスを上げます。また、緊張するということ、それは今まで皆さんが一生懸命大学受験に向き合い

全力で勉強に励んできたからこそだと思います。その真剣さや努力があるからこそ緊張するのです。

むしろ緊張できていることに喜ぶくらいの気概で臨むのもありだと思います。(私はそうしてました笑。

あと残り数カ月できることはすべてやり切ってください、

私たちも全力で皆さんをサポートします!!!