始めまして!春から担任助手なりました!! | 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 18日 始めまして!春から担任助手なりました!!

こんにちは!春から担任助手として皆さんのサポートをさせていただきます、渡邊天斗です。精一杯皆さんのサポートを行いますので、志望校合格に向けて一緒に頑張っていきましょう!!

【自己紹介】

名前:渡邊 天斗(わたなべ そらと)

大学:早稲田大学商学部

高校:小石川中等教育学校

部活:男子バレーボール部

趣味:スポーツ、筋トレ

好きな食べ物:スイーツ全般

 

早速ですが皆さんは、”隙間時間”を活用できていますか?学校や東進への移動時間や学校の休憩時間など日常生活の中で勉強に使えるけれど使っていない、そんな時間がまだ多くある人もいるんじゃないでしょうか。皆さんの知っている通り、受験勉強は時間との勝負です!同じ志望校を目指すライバル達に勝つためには、ほかの人より勉強時間を増やす、それが一番です。そのために、隙間時間を活用して1分、1秒でも長く勉強する必要があります。そこで今日は、僕が実際に受験生時代にやっていた勉強法を紹介していきたいと思います。皆さんに役立ててもらえると幸いです。

 

①学校や東進への移動時間

やってる人も多いと思いますが、改めて、登下校時の高マスは本当に役に立ちます。この時間に高マスで基礎知識をしっかり身に着けておくことで、問題演習の基本的なところで躓くことを減らすことができます。登下校時にバスや電車を利用している人はぜひ活用してみてください。

②授業間の休み時間

学校での休み時間を皆さんはどう使っていますか?友達と話して息抜きに使うことも大事ですが、この時間に暗記科目の復習を行うと、知識の定着を図ることができます!昼休みなどの長い休憩時間なら数学の問題が解けたりもするので、勉強時間を増やすにはもってこいの機会です!!

③就寝前

これは個人差があると思いますが、就寝前にスマホを使用している人はいませんか?特に長時間使用している人は、その時間を暗記科目にあてれば、知識の定着に加えて睡眠の質の向上を図ることができるのでおすすめですよ!!

 

他にも隙間時間は人それぞれあると思いますが、その時間を少しでも減らして勉強にあてていくことで、かなり長い時間を確保することができます。例えば、学校の登下校で1時間電車に乗っている人はその時間で勉強すると年間で365時間増やすことができ、1日15時間勉強している人の約24日分の学習時間を確保することができます!1日の中では小さな時間でも年間にしてみるとその時間がいかに重要かがよくわかりますね。受験学年の人もそうじゃない人も、今から習慣づけていくことが大事です、まずは意識的に隙間時間を勉強時間に変えていきましょう!

長くなりましたが改めて、これから皆さんのサポートに全力で取り組ませていただきますので、どうぞよろしくお願いします!!