模試後の自己採点は必ずね | 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2021年 7月 19日 模試後の自己採点は必ずね

 

こんにちは!!

担任助手の古田です。

 

みなさんは、模試を受けた後の復習はどのようにしていますか?

間違えた問題を確認するだけ

答えを軽く見る

丸付けしかしません

などなど、このようにあまり本気で復習に取り組んでいない人もいるかもしれません。

しかし、大学受験に合格する人や、成績がすぐに上がる人、周りから見て要領がよいと言われている人たちはみなこの復習に力を入れているのです。

だからこそ、今回は最も早くて、最も効率のいい復習法について話していきたいと思います。

①その日中に復習をする

まず模試の復習で大切なこと問題を解いたその日にすぐ復習をする事です。

なぜなら、最も効率のいい復習をする為には解いた時の記憶を一番覚えている当日に復習をすることで、似たような状況に落ちいった時に同じようなミスを起こさなくなることや、復習をしたときの記憶の定着力を上げることができるのです。

 

②復習をした後にもう一度解き直しをする

一般的に模試の復習をする人は多いですが、復習をした後にもう一度解き直しをする人はあまりいません。

しかし、意外と復習をしたすぐ後でも、もう一度解いて高得点を記録できる人はあまりいません。

なぜなら、復習をするときに、次に同じ問題が出てきたら必ず解けるようにしようと復習をしていないからです。

だからこそ、復習が終わった後にもう一度解き直しをすると思いながら復習をすることで、学習効率が上がり、

実際にもう一度解くことで、100%理解できていなかったところを割り出すことが出来るのです。

まとめ

このように、模試の復習はたかが復習だと思って適当に行っていると、あっという間に他の生徒に置いていかれてしまいます。

だからこそ、しっかりと復習を行って逆に差をつけられるように頑張っていきましょう!!