自分が大学で学んでいる事 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2021年 4月 21日 自分が大学で学んでいる事

こんにちは!担任助手の鬼海です!

朝は10℃を下回っているのに昼は20℃以上になって

少し暑い陽気の日が増えてきましたね。

自分は夏が嫌いなので夏の足音がどんどん近づいてる

気がしてものすごく憂鬱な気持ちになっています。

同志の方々は今年も厳しい日本の夏を

頑張って乗り越えていきましょう。

さて、本日は自分が大学で学んでいること

を皆さんに紹介しようと思います。

自分は今早稲田大学文学部の二年生です。

早稲田の文学部では1-3制を取っていて

一年生の時は外国語を多く(第二外国語は春学期も秋学期も週四コマ!

履修しつつ、幅広い分野の講義を

自分で選択して二年生に上がるときに

自分が専門的に学びたい分野のコースに

進級するというカリキュラムになっています。

選べるコースは社会学、教育、哲学、

日本文、英文学など各国の文学

歴史系は5コースがあり全てで18コースもあり、

非常に幅広い分野から選ぶことが出来ます。

各コースは総じて専門性が高く、自分が学びたい

と思ったことを深く学ぶことが出来ます。

自分は考古学コースというところに所属しています。

考古学コースでは考古学に対する知識的な

専門性を身に付けるだけではなく、

実際の発掘の現場で役立てるよう

実践的なことを学べます。

例えば今ですと発掘現場の標高などを調査する時に

使う測量機器の使い方を学んでいます。

その為文学部のイメージの大量の本に囲まれた

研究室で黙々と文献に当たって学ぶのではなく

考古学コースでは積極的に外に出て実習を行っています。

戸山キャンパスの考古学研究室の近くに行くと

測量の実習をしてる考古学コースの

人たちが見れるかもしれませんね。

夏休みなどで本格的に遺跡に発掘実習を行うそうです。

また、学校のカリキュラムに含まれている以外

でもたびたび発掘の人員の募集が各所からあるらしいので

考古学をしっかり学ぼうと思っている人には

本当にオススメのコースです!