わたしにとっての担任助手の存在 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都