| 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 23日 

こんにちは担任助手の矢部です!

いよいよ共通テスト模試明日にせまってきました。勉強の方は順調ですか?心の準備はできていますか?自分の今の最大限の力を出せるようにしましょう!そんな模試の前日には何をすればよいのでしょう?皆さんの参考になるかはわかりませんが、私が模試の前日と当日にしていたことを紹介します。

前日

① 今まで勉強してきたことの総復習

自分の今の実力を知ることができるチャンスの共通テスト本番レベル模試に向けて今まで学んできたことは完璧にして挑んできました。もし、今まで学んできた範囲で間違えてしまった場合は速やかに復習をしましょう。

 

② 当日の持ち物の確認

当日忘れ物をしてしまうと元も子もありません。しっかりと準備をしましょう。

模試に持ってくるべきもの

受験票、筆記用具、時計、勉強道具                                                             筆記用具に関しては、マークシート用に鉛筆やマークシート用のシャーペンを用意した方がいいと思います。

 

③ 睡眠

当日自分の実力を発揮するためには、睡眠が一番重要です。受験前日でもしっかり睡眠がとれるように今から、習慣化していきましょう。一夜漬けで勉強は絶対やめてください。本番の受験では、試験が連続することがあります。それを想定して、一夜漬けはやめていただきたいです。

 

当日

① 早起き 

受験本番を踏まえて、模試が午後から始まる人も早起きしましょう。少なくとも試験の2,3時間前に起きましょう。試験の直前に起きると頭がよく働きません。万全の状態で試験に臨むために早起きは必須です。

② 余裕を持って家を出る                                                    本番でも電車やバスの遅延で遅刻してしまったりするかもしれません。遅延しても試験には間に合うように余裕を持って家を出ましょう。

③ちょっとした復習

試験前に忘れそうなところを確認しておきましょう。試験で直前に見た問題が出るということは多々あります。1点でも点数が上がるように最後まであがきましょう。

④心構え                                                                   特に受験生は本番だという緊張感をもって試験を受けましょう。模試は受験本番のように、本番は模試のようにを心がけてください。

⑤自己採点                                                                   共通テストで判定を出すために自己採点が必要です。しかし、多くの受験生は、自己採点が正確にできていないです。本番で正確に自己採点ができるように、今からしっかり練習をしておきましょう。そのために、自分の回答を問題用紙にメモすることを忘れないでください。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。皆さんが良い結果を出せることを願っています。頑張ってください!!

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事