8月共通テスト模試にむけて | 東進ハイスクール 赤羽校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 20日 8月共通テスト模試にむけて

おはようございます!担任助手の鈴木です。

最近は天気がいい日が多くてものすごく暑いですね。今年の夏は室内にいることが多いのであまり日焼けしなかったです。

8月も残り三分の一となりました。みなさんしっかり勉強やり切れていますか?もしまだ100%出し切れていない人がいたとしたら今日からしっかり切り替えて100%出して勉強していきましょう!

今日のブログは8月の模試に向けての話と低学年向けの話をします。

8月の模試は夏休みにどれだけ勉強できたかが明確に結果に出る模試だと思います。そしてほとんどの人が特に受験生の人はこの8月模試で結果出せるか不安な人が多いと思います。しかし、緊張しすぎて普段通り解くことができなかったらもったいないので、あまり気負うことなく普段通り受けてきてください。

そこで、気負わないために自分がやっていた方法を伝えます。

自分は共通テストを解くにあたってペース配分を自分で考えて決めていました。例えば英語だったら大門1.2を10分で終わらせるなどのペース配分です。もしもどうしても分からない問題があった時に考えたらわかるかもと思い、無駄な時間を使ってしまうかもしれません。そのようなときにあらかじめペース配分を決めておくと、もし考えすぎてしまって時間を使いすぎてしまっている時には次の問題にしっかり切り替えることができます。

ペース配分を決めないにしても分からない問題に時間を使いすぎて後の方の分かる問題を解く時間が無くなるのが一番もったいないのでわからない問題があった時は飛ばして一通り全部の問題を解いた後に余った時間があったらもう一度考えるようにしましょう!

低学年の人にとってもとても大切な模試です。東進生の低学年の目標は同日模試で合格者平均点を超えることです。同日模試まで次の8月模試と11月の模試と12月の模試の三回しかありません。同日模試で合格者平均点を超えられるようにきちんと自分で逆算しまずは次の8月模試で何点取る必要があるのかをしっかり考え、目標点を決めて受けてほしいです。

次に低学年の人に話をします。

まず、夏の間の低学年の目標をもう一度確認します。

①8月末受講修了

②高速基礎マスター三冠

③定石取ってる人は終わらせる

この三つが低学年の大きな目標となります。

ほとんどの人が古田先生やほかの先生と面談をして、この三つについていつまでになにをやるのかを決めたと思うので、もう一度その目標を自分で確認してしっかり8月中にやり切ってください!

そして定石演習に関してですが、昨日のブログにも書いてあるのですが8月の22日に朝9時から校舎の自習室にて定石演習絶対100%達成会を行います。8月の22日までに定石演習が終わっていない人は特別な理由がない限り基本的に参加してください

共通テスト本番レベル模試まであと

1日

夏休み終了まであと

11日

みなさん気を引き締めて頑張りましょう!