校舎の様子 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール赤羽校 校舎長 田村奈保子

こんにちは!東進ハイスクール赤羽校 校舎長の田村奈保子と申します。
全ての人は、それぞれの個性を活かして将来社会・世界で活躍する“可能性”を持っています。その可能性や志を発見できるかどうかは、たくさんの人と関わり刺激を受けながら自分自身と真剣に向き合うことができるかどうかで決まります。
大学受験は、高校生にとって人生を左右する程の大きなターニングポイントです。それだけ大きなものだからこそ、将来について真正面から向き合ってください。そして、自分で決めた志・目標の実現に向かって全力で努力をしましょう。
赤羽校は、一人ひとりの可能性を信じて将来を一緒に考え、第一志望校合格という大きな目標を達成するよう日々指導をしています。赤羽校で一緒に自分の理想とする道に進んでいく第一歩を踏み出しましょう!

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

高宮 康大 くん 東京大学 文科Ⅲ類
海城高等学校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール赤羽校 OB
高宮 康大 くん 東京大学 文科Ⅲ類
担任助手として一言
大学受験は、ただ大学に合格するためだけのものではありません。みなさんの人生で、今までに経験したことのない大きくて険しい壁になるはずです。その壁に挑戦し、乗り越えようとする中で、自らも成長することができ、見たことのない世界を見ることができます。そのような貴重な時間を最高なものにするために、担任助手一同は全力でサポートしていきます!この受験勉強を通して、自分なりに最大限成長することのできるよう、共に頑張っていきましょう!
北川 莉奈 さん 慶應義塾大学 経済学部
豊島岡女子学園高等学校 卒 エアロビクス部 東進ハイスクール赤羽校 OG
北川 莉奈 さん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
私が大学受験で一番大切だと思っていることは、どれだけ受験に本気になれるかです。自分自身についてよく考え、今やらなければならないことを全力で実行することが「本気になる」ことだと私は思います。受験が終わったときに、やりきったという充実感や達成感を得ることができたら、結果がどうであれ、受験は成功したと言えるのだと思います。一緒に戦っていきましょう!
荒川 悠樹 くん 千葉大学 工学部 総合工学科デザインコース
順天高等学校 卒 劇画部(副部長) 東進ハイスクール赤羽校 OB
荒川 悠樹 くん 千葉大学 工学部 総合工学科デザインコース
担任助手として一言
私が東進ハイスクール赤羽校に入学したのは、高校2年生の10月でした。自分が所属していた部活は、文化部にしては活動が多忙で引退時期も遅かったので、スケジュール調整が自分でできる東進のシステムに大変助けられました。また、自分で進んで勉強することが苦手だったので、担任助手の方々の手厚いサポートのおかげで最後まで頑張り抜くことができ、第一志望校に合格することができました!まだまだ未熟者ですが、精一杯サポートするので、よろしくお願いします!

→もっと見る

椛島 一誠 くん 早稲田大学 文化構想学部
淑徳高等学校 卒 東進ハイスクール赤羽校 OB
椛島 一誠 くん 早稲田大学 文化構想学部
担任助手として一言
みなさん将来の夢について考えたことはありますか?多くの人が小さい頃はあったけど今はないと答えると思います。夢がないことは悪いことではありませんが、夢を持つと自分が進むべき道が明確になります。そのため、自分が何をどう努力すればいいのか、どんなことを勉強しなければならないかが分かり、人生がより有意義になります。なので、夢を持ち、自分の人生を今まで以上により有意義なものにしましょう!そして、それらの夢を叶える糧となるのが、現在皆さんが臨もうとしている受験です。大学は夢を叶える大事な中間地点です。是非、今を頑張って夢に一歩近づきましょう!
宮之原 風華 さん 早稲田大学 法学部
小石川中等教育学校 卒 軽音楽部 副部長 東進ハイスクール赤羽校 OG
宮之原 風華 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
私は高校3年生の9月まで部活を続けていたため、部活と勉強の両立に苦労しました。しかし、限られた時間で精一杯の努力をすることで、ただ合格を勝ち取るだけでなく、精神的にも成長できたと思います。部活や行事で忙しい人も多いと思いますが、せっかく受験を経験するのなら、今自分にできるベストを尽くしてください。大変な分、多くのものを得られると思います。全力でサポートします」!頑張りましょう!
樋口 廉 くん 筑波大学 人文・文化学群
海城高等学校 卒 野球部 主将 東進ハイスクール赤羽校 OB
樋口 廉 くん 筑波大学 人文・文化学群
担任助手として一言
受験は厳しいものであり、一分一秒を惜しんで勉強をしなくてはならないことを多くの人はわかっているはずです。しかし、実際それを行動に移せている人は多くはいないと思います。そこで、手っ取り早く行動を変えるためには、環境を変えることを一番よいとされています。僕たち担任助手は、その環境を準備して、そこで努力できるサポートを全力でします!一緒に頑張りましょう!
福岡 愛唯 さん 実践女子大学 人間社会学部
都立北園高等学校 卒 バドミントン部(副部長) 東進ハイスクール赤羽校 OG
福岡 愛唯 さん 実践女子大学 人間社会学部
担任助手として一言
大学受験はきつい、大変と思っている人は多いと思います。確かに勉強しているとき、苦しいと思ったことはたくさんありますが、乗り越えるとその分得るものも多く、大きく成長できます。皆さんの学力を高めることはもちろんのこと、人として成長できるよう、全力でサポートします!
原 智基 くん 明治大学 理工学部
芝浦工業大学附属高等学校 卒 東進ハイスクール赤羽校 OB
原 智基 くん 明治大学 理工学部
担任助手として一言
東進は受験を迎えるにあたって、その先にある夢・志についてしっかりと向き合うことで、勉強以外の面でも人として成長できる場所です!僕は生徒時代部活と勉強の両立ということにこだわりを持っていたのですが、それを達成できたのは東進の制度のおかげだと思っています。映像授業や高速基礎マスターという東進のシステムを最大限活用して、担任助手と共に厳しい受験を突破しましょう!
藤田 樹 くん 明治大学 法学部
文京高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール赤羽校 OB
藤田 樹 くん 明治大学 法学部
担任助手として一言
高いレベルの大学となると倍率も高くなり、不合格者が合格者の何倍もいるのが、あたり前です。そんな中、第一志望校に合格できる人は、ほんの一握りです。しかし、この一度しかない人生で、後悔するようなことは絶対にしてほしくないと思います。「これだけ頑張ったならダメでもしょうがない。」と思える程の努力をした人が目標を達成し、そうした経験が人を強くするのだと思います。今こそ共に、本気で頑張りましょう!
杉田 唯 さん 清泉女子大学 文学部
東京成徳大学高等学校 卒 テニス部 副部長 東進ハイスクール赤羽校 OG
杉田 唯 さん 清泉女子大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強は決して楽ではありません。しかし、受験勉強を通して人間的に大きく成長できる部分がたくさんあります。辛いだけで終わらないのが大学受験です。自分の未来は自分で決める。自分を成長させるチャンスを潰さずに活かし、自分の未来を切り拓きましょう!私たち担任助手は、みなさんの成長のため、精一杯サポートしていきます!一緒に頑張りましょう!
海野 航平 くん 獨協大学 外国語学部
開智高等学校 卒 東進ハイスクール赤羽校 OB
海野 航平 くん 獨協大学 外国語学部
担任助手として一言
大学受験は、新しい発見や経験をすることになると思います。そんな重要な時期だからこそ、悩むことや落ち込むこともたくさんありますが、それを乗り越えることがみなさんのにとって大きな成長に繋がります。私たち担任助手は、みなさんがこの大学受験を万全の状態で臨めるように全力でサポートしていくので、この大学受験を通して一緒に頑張って成長していきましょう!
太田 博也 くん 中央大学 理工学部
文京高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール赤羽校 OB
太田 博也 くん 中央大学 理工学部
担任助手として一言
都立高校は、数学と理科の進みが遅く、その点ではかなり苦労しましたが、速習が可能な映像授業と細かな担任指導により、着実に学力を伸ばすことができました。最終的にその2科目を得意科目にして合格できたのは、東進だったからだと思います。東進ハイスクール赤羽校で、人生のターニングポイントとなる大学受験を一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

決起会

決起会

受験期直前や、新たな学年へ上がる前に行われるイベントがこの「決起会」です。
この決起会では、受験直前期は、自信を無くしてしまったり、不安になってしまっている生徒を勇気づけるために、担任・担任助手からの激励などを行います。
また、学年が上がる直前では、これを節目に生徒が自分の目標を再確認し、あきらめずに最後までやり切る気持ちを持つことが目的です。
受験指導のプロである担任や受験生としての先輩である担任助手から受験に対する意識や経験談なども語られ、
とてもいい刺激になるという感想が毎回多く見受けられます。会の最後には担任助手による音頭のもと、全員で一丸となり決意を唱和して締めくくります。

塾内合宿

塾内合宿

「塾内合宿」も赤羽校が力を入れているイベントです。塾内合宿は高1・2生を主な対象として、長時間、自主的に勉強する体制を身につけることを目標として行っています。
班対抗で単語の暗記を競ったり、夢や目標に対するグループワークで受験に対するモチベーションを上げていきます。
塾内合宿を終えた生徒は「自分はこんなに頑張れる!」「目標が明確になりやる気が出た!」という生徒が多く、その後の学習効率がアップしています。
生徒とスタッフが共にやり抜くこのイベントにより、赤羽校はチームとしていっそう団結します。

特別公開授業

特別公開授業

赤羽校では年に数回「特別公開授業」を行っています。生徒達を中心に実行委員を組織し、準備から当日の運営までを任せています。
東進の実力講師陣の授業を生で受けられるチャンスということで生徒達も準備に熱が入ります。
実行委員として共に仕事をした仲間と、ライバルとしてその後互いに刺激し合える仲間になります。
講師の先生の迫力ある授業で勉強に対するモチベーションが上がり、現在第一志望校合格に向かって受験勉強に励むことができます。
また、この特別公開授業をきっかけに赤羽校に来校し、赤羽校で受験勉強をスタートさせた生徒も大勢います。
東進生にもそうでない人にもとても良い効果のあるイベントです。