ブログ | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ 

2019年 10月 17日 私が担任助手になった理由~杉田編~

こんにちは!担任助手の杉田です!

最近は日が落ちるのも早くなってきましたね、、

ついにセンター試験まで3桁をきりのこり93日となりました。

残りの期間悔いのないように勉強しましょう!

今日は、私が担任助手になりたいと思ったきっかけをお話ししたいと思います。

私が東進に入学したのは高校2年生の冬でした。

それまでは毎日部活三昧で勉強のことはほぼと言っていいほど考えていませんでした。

では、なぜ私が東進で勉強するようになったのか、、

それは高校2年生の冬に学校で受けた模試がきっかけでした。

受けた模試があまりにもひどく、このままではまずいと思い、

勉強ができる環境に身を置きたかったので

東進での勉強をスタートしました。

ここから本格的に受験勉強を始めましたが、第一志望校に合格する事はできませんでした。

受験が終わった時に一番に感じた事は

もっと早く始めればよかったということでした

もっと早く受験勉強を始めればよかった、

後悔していました。

受験勉強に後悔を残してほしくないという思いを、

担任助手を通して伝えていきたいと思い担任助手になりました!

今、校舎に担任助手の掲示が貼ってあると思います。

興味のある人は是非声をかけてください!!

一緒に担任助手をやりましょう!

 

2019年 10月 16日 冬期合宿にいこう!

こんにちは!担任助手の澤井です。

先週末は台風でしたね。皆さん無事でしたでしょうか?

台風の影響で停電や水害、河川の氾濫等の影響が出ていると地域もあると思います。くれぐれも安全には気を付けてください。

さて、話は変わりますが、今日は東進の冬期合宿について紹介したいと思います!

そもそもみなさん、冬期合宿がどんなものかご存知ですか?

冬期合宿とは、

12月26日~29日の3泊4日

河口湖で英語を勉強するというものです!

この3泊4日の中で、東進の先生方の生の授業を受けられます!

さらに、授業ごとに確認テスト、合宿の最後には修了判定テストがあります!

授業に加えてその内容を踏まえた確認テスト・修了判定テストで満点を目指すことにより英語力を高めることができます!

そして、この合宿では、英語の勉強をするだけではなく、自分の将来について考える時間があります!

グループごとに自分の将来の夢について語ったり、みんなの志の話を聞いたりすることで、

今後の勉強に対するモチベーションを上げることができます!!

授業を受けるクラスは12段階に分かれていて、クラス分けは10月の全国統一テストの英語の成績で決められます!

クラスの子達はほとんど同じレベルの高校生なので、みんなで切磋琢磨することができます!

基本的に高2生対象ですが、意欲のある高1生も大歓迎です!!

高2生に混じって3泊4日過ごすことで、かなりモチベーションがあがると思います!

しかし、この冬期合宿は毎年とても人気なのですぐに定員オーバーになってしまうそうです…

なので、すばやい決断をオススメします!

受験勉強を本格的にスタートする絶好の機会になると思います!興味のある方は校舎のスタッフまで!

 

2019年 10月 12日 トップリーダに行くことでの成長

こんにちは!担任助手の椛島です。

皆さん台風大丈夫ですか?

家にいても今回の台風は危険らしいので、

安全第一に過ごしていきましょうね。

ちなみに、明日は東進ハイスクールは

全校休館です。

間違っても来ることはないようにしてください!

さて、本題に入りますして、今回のブログの内容は…

「トップリーダでの成長」に関してです!

初めに、皆さんトップリーダーに関してはご存知ですか?

トップリーダーでは各業界で先導している人たちが

実際に来てくれて各業界の現状とこれからの展望などに関して話してくれます。

また、このトップリーダーでは、話を聞くだけではなく、

今後話を聞いたうえで、どのように自分達が行動していくのか

周りの人と話し合い、考える機会もあります。

なので、現在の各業界の動向が知れるだけでなく、

自分の社会の中でのあり方や、夢について考えることによって、

自分を更なる高みへと成長することができます。

なので、ぜひ、トップリーダーがあれば参加しましょう!

 

2019年 10月 11日 過去問演習での目標点は何点にすべき?

こんにちは、担任助手の田中です!

ついにセンター試験本番までの残り日数も2桁となり直前期になってきたなと感じますね!

今の時期は国公立の二次や私大の過去問を解いている子が多いのではないかと思います。

解く際に目標点として一つの目安の解いた年度の合格最低点ですね。

合格最低点を超えていればその年入学できていたかもしれないし、そうでなければまだまだ足りない。

合格最低点を超えたときなんかは入学式に自分が出席している様子なんか想像したりしてモチベーションを上げていました笑

しかし、目標点を合格最低点にすることが必ずしも正しいわけではありませんね。

というのも、結果的には何点だろうと合格できればいいわけですが、何が起こるか分からないのが受験というもの。

皆さんも模試を受験した際に感じているかもしれませんが、自分の100%の力を出し切るのはとても難しいことです。

過去問を解くと8割取れるのに模試だと6割しか取れないなんてことはしょっちゅうあります。

当たり前ですが、模試よりも試験本番の方が持っている力を出し切るのが難しいです。

となると、試験本番でも8~9割の力しか出せなくても合格できるように圧倒的な学力を身につける必要があります。

なので普段の過去問演習での目標点は合格最低点ではなく、自ら目標点を設定する必要があります。

最終的には最低でも合格最低点を1割ほど超えられるといいと思います。

また第2志望以下はそれ以上に得点する必要があります。

合格最低点を目標点にするのではなく、一人ひとり適切な目標点を設定して過去問演習に取り組みましょう!

2019年 10月 10日 過去問データベース使ってますか?

こんにちは!担任助手の杉田です。

気温が下がってきて過ごしやすくなってきましたね。

寒暖差が激しいので、

体調管理をしっかりして風邪には気をつけましょう!

受験まで残り約100日となりました。

着々と受験まで近づいてきましたね。

受験生は過去問演習進んでいますか?

10年分こなすにはかなりの時間がかかります。

しっかり計画を立てて過去問に臨みましょう!

今日は、受験生の皆さんに役立つ情報をお伝えします!

それは、、「過去問データベース」です!

過去問データベース」というものはご存じですか?

その名の通り過去問がたくさん詰まっているサイトになります。

併願校なども過去問解きますよね、、

なかなか赤本をそろえるのも大変になると思います。

そこで便利になるのが「過去問データベース」です!

この過去問データベースには大学ごとの過去問が最新のものから古いものまで載っています。

赤本が見つからない場合や他の大学の問題を解いてみたいなどの時便利になると思います!

是非、活用してみてください!

東進 過去問データベース」で検索すれば出てきます。

もし、使い方が分からない場合は担任助手に聞いてください!

過去問演習に力を入れていきましょう!