マスターでこまめにアウトプットを! | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2019年 6月 24日 マスターでこまめにアウトプットを!

みなさん、こんにちは、担任助手の古月です!

だんだんと夏本番が近付いてきて、気温もぐんぐん上昇して行きますが、体調にくれぐれも気を付けて勉強を頑張りましょう!

 

さて、皆さんは受講を頑張っている中で、インプットばかりになっていないでしょうか?

学校の授業もそうですが、受講は先生が教卓の前で皆さんに知識を与えてくれます。

確かにわかりやすいかもしれませんが、それで授業の内容が定着したかどうかは分かりません。

マスターや参考書を使ってこまめにアウトプットするのも授業同様に大切になってきます。

どうアウトプットすればいいかわからない人もいるかもしれませんので説明します。

まず受講の後に受けた科目の習った範囲のマスターをやります。それだけで終わらせず、2,3日くらい日を空けてもう一度アウトプットします。そしてさらに1週間

時間をおいてもう一度アウトプットします。

これを毎回続けることではじめて授業の内容が身についたと言えるでしょう。

こまめにアウトプットすることで記憶を持続させましょう!