機械工学科って何するの? | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2020年 2月 13日 機械工学科って何するの?

 

こんにちは!担任助手の原です。

さて、今回も前回に引き続きまして、大学での勉強についてお話ししていきたいと思います。

皆さんは機械工学って知っていますか?

僕は明治大学の理工学部機械工学科に通っています。

なんとなく機械について勉強することはわかると思いますが、

具体的にどんなことを学んでいるかを紹介していこうと思います。

と、いうことで

僕の思う機械工学科っぽい授業TOP3!!!

1位 「機械工学実験」

毎週機械を扱ったり、機械に関連する実験を行います。

エンジンの分解をしたり、

金属の引張実験(金属が千切れるまで機械で引っ張る実験)や

流体観測実験(様々な物体の風の流れを観測する実験)など、多岐にわたる実験を毎週行います。

ちなみにこの実験のレポートが結構大変で、全国の機械工学科生はみんな苦しめられています。笑

 

2位 「情報処理」

これは、プログラミングの授業です。

僕はC言語やC++などのプログラミング言語を習いました。

世の中の機械はプログラミングによって動かされているんです。

機械を扱っていく人は避けては通れない関門です。

 

3位 「機械製図」

機械部品の製図を行う授業です。

2年生から始まる授業で、最初の1年間は手書きで作業をします。

3年生になると、CADというアプリを使ってパソコンで製図を行うようになります。

製図ができないと図面が読めなくて、工場で働いたりすることができないそうですよ〜。

もの作りが好き!!という人は製図の学習が必須です!!

 

自動車ロボットパソコンそれからものつくりが好きという人はぜひ機械工学科について調べてみてください!!

それから、もっと詳しく聞きたい!!という人はぜひ、校舎で僕に声をかけてください!!

それでは、校舎で待っています!!

 

 

過去の記事