二次試験過去問の進め方 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2018年 9月 15日 二次試験過去問の進め方

こんにちは、高宮です!

 

どうやら今日からまた暑さが復活するみたいですね…

本当に嫌ですよね。

最近は天候が崩れやすいので体調も崩さないように気をつけましょう!

 

さて、9月も中旬に差し掛かっていますが、みなさん二次試験の過去問は解き始めていますか??

普段東進に通っている高校3年生のみなさんは過去問演習講座をとっているのではないでしょうか?

 

さて、どの程度解くかみなさんわかっていますか?

そう、、、、、

10年分です!!

 

10年分の過去問を解くために必要となるのは、

時間最後までやり抜く気持ち

です。

 

①時間

二次試験の過去問は受験直前にやればいいや…

と思っている人はいませんか??

でもこれは間違いです。

過去問を解くだけでも莫大な時間がかかって、受験直前期にはそれほど時間はないと思います。

でも、まだ二次の過去問を解ける実力ないや…

と思っている人!

それも間違いです。

この時期に解く二次の過去問は、解けることが大事なのではなく、どのような難易度で今何が足りていないのかを知るために解くものです。

それがわからなければここから先の勉強の指針が見えないと思います。

そこで、1週間で1年分は全科目解けるようにしましょう!

土日などまとまった時間のとれるときに過去問を解き、平日に復習をする、というサイクルを作っていけるとベストです。

 

②最後までやり抜く気持ち

これがとても大事です。

ここから先は気持ちで負けたら絶対にいい結果は出ません。

最後まで諦めずに自分の志望校を目指すことが大事です。

気持ちで負けそうなときはぜひスタッフを頼ってください!

話を聞くことならできますし、話すだけでもずいぶん変わると思います。

 

以上が、これからの時期の二次過去問の進め方です。

これを参考にしてみなさん適度なペースで進めていきましょう!!