私が担任助手になった理由~樋口編~ | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ

2019年 10月 20日 私が担任助手になった理由~樋口編~

こんにちは!担任助手の樋口です。

最近寒くなってきて、学校にいる人の服装もだんだんと変わってきているように感じます。

ただ、自分の学校には体育専門学群というスポーツをガチでやっている学群(学部)があるのですが

彼ら彼女らの中には平気で半袖短パンで過ごしている人がゴロゴロいて、3年目でも驚きを隠せない自分がいます笑

 

 

全く関係のない話をしてしまいましたが、今日も「担任助手になった理由」を書こうと思います。

 

まずは自分が受験したときの話をしようと思います。

自分は国公立大学の前期試験であと1点で落ちてしまいました、、、

(今思えば、1000点満点のうちの1点なのでかなり残酷ですね)

当時はヘラヘラ笑ってましたが、かなり必死に勉強をして自信もあったのでかなり悔しかったです。

そんな中で、なんとか後期試験で今の大学に合格でき、担任助手の話を聞きました。

こんな経験をした自分だからこそ、受験を迎える高校生たちにできることがあるんじゃないかと思い担任助手をはじめました。

 

 

 

 

………と言いたいところですが、これは全部後づけの理由です笑

といっても嘘を書いたわけではなくて、担任助手になって数か月後に感じたことが上記の内容になります。

担任助手になる前は「せっかくやるなら自分が成長できそうな場所に身を置きたいな~」と漠然と思っていました。

生徒時代の自分からみた担任助手は、自分と年もほとんどかわらないにも関わらず社会人のようにかっこよく見えていました。

そんな漠然とした自己成長意欲が自分の担任助手になった本当のきっかけになります。

 

自分の高校は男子校で、人と話すことがかなり苦手(所謂、コミュ障ですね笑)でした。

ただ、そこに関しては担任助手として段々と成長できたり、自分が予想してなかったような色々な部分においても成長できたと感じています。

 

是非、多くの人にこれを経験してもらいたいと本気で思うし、自分としても多くの人と一緒にやりたいと思っています!