9月 | 2019 | 東進ハイスクール赤羽校|東京都

ブログ 2019年09月の記事一覧

2019年 9月 30日 センター試験同日に向けて

こんにちは担任助手の澤井です!

全国統一高校生テストまであと1ヶ月を切りましたね!

勉強の調子はどうでしょうか。

この時期は学校の行事も忙しいうえ10月中旬は多くの高校で中間テストが行われると思います。

勉強にあまり集中できない場合校舎に来てください!

校舎にいる間は学校の行事も多少は忘れられると思います。

 

今回僕が書くのはそれより先のセンター試験同日模試です。

低学年の人はあまり聞きなじみがないと思います。

これはセンター試験の当日に同じ問題を解くというものです。

普段の模試はあくまでも模試ですが同日はその名の通りセンター本番と同じ問題なので緊張感も普段より高いです。

この模試は1月に行われるのでまだ遠い話ではあります。

しかしこの同日模試で何点を目標にするのかはきめてほしいです。

目標を何点にすればいいのかわからない、難易度が分からない等あると思います。

その点を明確にするためにも10/27の模試をぜひ受験して下さい!!

 

2019年 9月 29日 リスニングやってますか?

 

こんにちは~

赤羽校担任助手の北川です~

最近センター過去問と二次過去問をやっている生徒が増えてきましたね!

赤羽校では現在5名の生徒がセンター過去問を10年分修了しています!

あと2、3個で終わる生徒もかなり多いので最後まで頑張ってください!

 

さて、みなさんリスニングの方はどうやって勉強していますか?

センターも国数英は終わってるけどリスニングだけ終わってない、、、といった生徒を多くみます。

対策がよくわからなくて後回しにしがちなリスニングですが、直前になってやりこんで成績が上がるものではありません。

ぜひ今のうちからリスニングに取り組んでほしいです!!

 

そこで、意識してほしいポイントが2つあります。

一つ目は毎日聴くことです

当たり前のことですが、耳で慣れるためには日数が必要です。

毎日5分でもリスニングに触れられるようにしましょう。

二つ目は繰り返しやることです

一つの文に対してオーバーラッピングやシャドーイングなどで繰り返し音読することがリスニングにおいては重要です。

ただ無意識にいろいろな文を聞き流すのではなく、意識して聞いて、音読をひたすら繰り返しましょう。

 

この二点は当たり前のように見えて実際にやろうとするとかなり大変です。

ぜひ根気強く頑張ってみて下さい!!

 

 

2019年 9月 28日 過去問について!

こんにちは!担任助手の椛島です。

皆さんお久しぶりですね。

最近暑くなったり寒くなったり気温の変動が激しくて

体調を崩しがちの人見ると思いますが

出来る限りの予防はして勉強に支障をきたさないようにしましょうね!

さて今日のブログのお話の内容は。。。

過去問に関して!!!

さて皆さん現在10年分目指して絶賛過去問演習中だと思いますが、

その過去問解くだけになっていませんか?

皆さん過去問に対してどのようなイメージを持っていますか??

恐らく多くの人が受験前の練習という感じのイメージを持っていると思います。

それも一つの過去問のあり方として正しいと思いますが、

僕は違ったイメージを過去問に対して持っています。

僕は過去問に対して

志望校レベルに一番近い問題集

というイメージを持っています。

問題集は解くだけだと成績は伸びませんよね?

かといって問題集をやらなければ今までに蓄えた知識もどう使えばいいのかわかりません。

なので!

早急に第一志望校の過去問10年分を終わらせるとともに、

必ず解いた後に分析と復習をしてください!

自分が解けなかった問題の中にもどの分野が中心に解けていないとかがあると思います。

なので、しっかり自分が解いた問題を分析して、何が出来ていないのか、何が足りないのかを

明確にしてそこに対して参考書や授業などを用いて復習を重ね、

どんどん合格に近づいていきましょう!

 

2019年 9月 27日 受験校の決め方の極意!

 

こんにちは、担任助手の原です!

今月も残すところ4日となり、センター試験まで残り112日です!

この時期になると学校や予備校でも受験校選びについての面談をしたり説明会が行われたりと、志望校選びに頭を悩ますようになります。

自分も受験生時代は第一・第二志望校は決まっていても、それ以外が決まらずに頭を悩ませていました。

なので今日のブログでは受験校の決め方についてお話ししていきます!

まず、受験校は以下のように3つに分類できます。

①挑戦校(10月時点で偏差値+5~7程度)

②実力校(10月時点で偏差値+3~5程度)

③安全校(10月時点で偏差値+1~3程度)

実際に受験する際の第一志望校は挑戦校・もしくは実力校にあたります。

特に記念受験で〇〇大学を受験するといった場合は挑戦校にあたりますね。

なので実質第一志望校は実力校になります。

そしてそれぞれの分類でどのくらい受験したらいいのかということが気になりますよね。

挑戦校は1校、実力校は3校、安全校を4校というのが目安になります。

そして受験校を決める際にまず確認すべきことがあります。

それが、試験日です。

試験日が重なっていたらそもそも受けることが不可能ですし、何日も連続した受験もお勧めしません。

まずは自分の興味のある学部・学科を設置してる大学をピックアップして先ほど言った三つの分類に沿って絞り込みますが、その際に必ず試験日を確認して受験可能かどうかを調べましょう!

また各大学様々な受験方式があります。

呼び方は大学によって違いますが大きく分けるとセンター利用入試、個別入試、センター併用入試、全学部統一入試といったところでしょうか。

これだけあるとどの方式で出願したらいいかも迷ってしまいますね。

そこで注意してほしいのは安全校に関しては全学部統一入試を出願しないようにすることです。

なぜ安全校の全学部はだめなのかというと、全学部統一入試は合格定員数が少ない傾向にあり受験者数も多いことから高い倍率になる傾向があります。

なので大丈夫だろうと思い受けても落ちてしまうことも珍しくありません。

対して個別入試は基本的にどの方式よりも合格定員数が一番多い入試方式になるので受かる確率は比較的高いと言われます。

ちなみにセンター利用入試も合格定員数は少ない入試方式ですが、ここで合格が取れると後の入試に向けて精神的にだいぶ楽になるので、安全校のセンター利用に関しては是非出願してほしいなと思います。

受験校選びについて様々な情報・知識をお伝えしましたのでぜひ参考に受験校を決めてもらいたいと思います!

 

2019年 9月 26日 毎日の積み重ね!

こんにちは!担任助手の杉田です。

最近は涼しくなってきましたね。体調管理には気を付けてください!

9月・10月は文化祭や体育祭など行事のシーズンですね。

準備など忙しくて勉強に手が回らないという人も多いのではないでしょうか。

この行事シーズンは勉強もおろそかにしがちですよね、、

私も高校2年生の時は文化祭の準備でほぼ勉強は出来ていませんでした。

しかし!勉強も1日やらないだけでかなり忘れてしまうことが多いです。

特に英語の勉強や英単語など暗記が多いものだと1日やらない日が出来てしまうと

意外と忘れてしまっていることが多いです。

皆さんもそんな経験はありませんか?

忙しいとは思いますが、毎日登校して勉強を継続していきましょう!

東進は21時45分まで空いています!

21時に来れば30分は勉強できます!

毎日の30分の積み重ねがこれから大きいものになっていきます。

受講も自宅でも出来るので工夫して時間を見つけていきましょう!